Kimmys Feeling

徒然なるままにkimmyの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋の味覚

お義父さんと、お義母さんが野菜を送ってくれました。

   002_r2_c2.jpg

↑は銀杏と里芋です。

大きな里芋がありますよね。これは親芋なんだそうです。

大きな里芋の葉っぱの下で、親芋もこんなに大きくなってるんですね。

ジャガイモの種芋はダメになっちゃうのに、里芋は違うんだな~。

他にも、水菜やねぎを送ってくれました。

いつもありがとうございます照れ笑い

今日は、銀杏ごはんにしようかな?

昨年は上手にできたと思うので。炊飯器のおかげですが。

作った料理をアップすればいいんだけど、私の腕に問題が……がっくり

これから銀杏の皮剥き、がんばります!

スポンサーサイト

PageTop

おむすびが……

今日は、『怖いカバン』に引き続き、また怖い話をおひとつ。

でも、『怖いカバン』のような怖さなので、期待しないでくださいね~照れ笑い



私が大学生で、家を出てひとり暮らしをしていたころです。

高校生だった弟は、夜遅くまで、居間でひとりテレビを見ていたそうです。

「そろそろ寝るか」と、台所を通って自分の部屋に行こうとしたところ、
暗闇の中、ダイニングテーブルのそばの床にボウッと白い物体が……。

勝手知ったる我が家なので、電気はつけてなかったんですね。

握りこぶしくらいの大きさだったそうです。

おそるおそる、その白い物体に近づいて拾ってみました。







すると……、それは……、なんと……、











おむすびがっっ!!


そうそれは、母が残ったご飯で握った、おむすびだったんです。

ダイニングテーブルの上に、ハエをよけるアミってありますよね、
あれの中に入れて置いておいたらしいです。

それが何故、床に落ちていたのか……。




実家は古い家で、当時はところどころガタがきて、ネズミがいたんです。

それがアミの中からひっぱって、床まで運んだところで弟が現れたのではないかと。

ネズミとおむすびって……、お話にありますよね。

♪おむすびころりん すっとんとん♪ でしたっけ?




弟に↑の話を教えてもらって、

「実家のどこかに穴が空いていて、おむすびを落としたら宴会に混ぜてもらえたりして。

お土産には小さいつづらを選ばないとね~。」などと大笑いしました。

その後、実家はリフォームし、ネズミは出て行ってくれたようです。

でも、もしかしたら、まだどこかにいて、宴会してるかも……、
なんて思うのも、ちょっと楽しいですかお

PageTop

ハッピーウェディング

18日の日曜日は、旦那の妹さんの結婚式でした。

旦那は長男で、下に弟さんと妹さんの3人兄妹です。

彼女は、ずっと実家でお義父さんとお義母さんと生活していて、
仕事で離れて暮らしている私達は、いつも頼りにしていたんです。

優しくて明るくて、旦那と3人でよく遊びに出掛けました。

彼女の結婚を知った時は、もちろんとても嬉しかったんですが、
なんだか寂しくなりました。

旦那よりも私のほうが寂しがってたんじゃないかな~。




結婚式は、もともとは写真スタジオで、
簡単な式や披露宴ができるところで行われました。

先に藤色のドレスで、次にウェディングドレスで写真撮影をしました。

実は最初のドレスには、私達新婦側の親族は間に合わなかったんです泣く

早めに手伝いに行っていたお義母さん以外は。なんてこと~!!

でも、ウェディングドレス姿の彼女がきれいで、幸せそうで、うれしかったです。

その後の式は人前式で、披露宴は両家の家族だけの会食というかたちでした。

会食は一応司会者の女性がいましたが、スピーチや出し物はなく、
ゆっくり食事ができて、みんな大満足でした。

料理も美味しかったな~。

写真を撮ればよかったんですが、私のカメラを忘れてしまって……><

すでに6月から彼と一緒に生活していて、8月には入籍をすませていたんですが、
諸々の事情で式の日どりが延びていたので、彼女には待ちに待った結婚式でした。

お義父さんはツーショットで写真を撮っているとき、ちょっとうるっときてたかな?照れ笑い

もう一緒に生活しているだけあって、二人で並んでいる姿がしっくりきてました。

彼と二人で、末永くお幸せに~!!


DSC_0058_r2_c2_r2_c2.jpg

PageTop

アナゴのお寿司

先日、旦那が取引先の方との食事のお土産に、アナゴのお寿司を持って帰ってくれました。

   001_r1_c1.jpg

前回は、と言ってもいつだったかな?、ふぐのお寿司を頂きました。

広島はアナゴも名物なんですよ。

美味しかったです~。ごちそうさまです。

実は旦那が帰るまえに、ひとりで食事はすませてたんですが、
これもひとりでペロッと食べちゃいました笑



そう言えば、私の父はアナゴが嫌いなんです。

ウナギも嫌い。

ある日、「長いから?ニョロニョロしてるから?でも調理されてたら関係ないよね?」
と追及してたら、

「うるさい!!」と怒られました笑

理由ははっきりしないけど何かイヤ、ってありますよね。

追及しちゃって悪かったな~、と今頃反省しました。

美味しいのに、かわいそうな父であります。

PageTop

メールを送るぞ!

前回書いた、シャロンさんに名刺をもらって困ったこととは……。

もらった名刺にメールアドレスがあったんです。

これは、お礼のメールを書かなくては!

シャロンさんは、アメリカ人なので、もちろん英語で……。

え~~!私が?!



旦那に「書いて~!」と頼みましたが、「あなたにくれた名刺だから、あなたが書きなさい」と、
冷たい返事が。

普段は、日本語のメールも家族・友人に携帯メールをうつだけ。

慌てて、英文メールの書き方のサイトをめぐり、スパムメールと
間違われないメールの書き方や、基本的な書式を勉強しました。

そのサイトから定型文を拝借し、それ以外は翻訳サイトで……笑

日本語から英語への翻訳って、難しいんですね~。

日本語は色々な言い回しが出来るので、翻訳サイトで直訳されると、
なんか変~!!な英文がどしどし出来るんです。

ない頭をひねって、日本語を改良(?)し、なんとか大丈夫かというお礼のメールが
出来ました。

旦那はささっと読んで、「うん、いいんじゃないの」と言うだけ。

ホントにいいのかな~と思いつつ、送ってみました。



すると、なんと、翌日にはお返事のメールを下さいました!

よかった!スパムメールと思われなかったんだ~。

すぐに返事をくれるなんて、またまた感激きゃー

私もいつか彼女に会って、お話が出来たらいいな~。

そのために、まずは、英語の勉強、頑張ります……。

何から、どう始めたらいいんでしょうか……。

PageTop

セミナーにて

シルバーウィークに、旦那はあるセミナーに行ってきました。

たくさんの講師の中に、シャロン・レクターという女性がいらっしゃいました。

全世界でベストセラーとなった『金持ち父さん 貧乏父さん』を、
ロバート・キヨサキと一緒に書いた人です。

公認会計士をされているんです。



彼女の話が素晴らしくて、みんな感動して聞いたそうです。

セミナーの後、旦那は人数限定で、彼女と一緒に食事をすることができたんです。

食事をしながら質問してもいいとのことで、旦那は思い切って
「同じ女性として、留守番している妻に何か言葉をいただけたら」と、お願いしたんだそうです。

もちろん、通訳を介して(笑)

彼女は女性の公認会計士として、今は成功されてますが、昔は大変苦労をしたそうで、
女性の活動を応援されています。

そうしたら、彼女のアドバイスとともに、名刺をいただけたんです!

あの、読んでいた本の著者と食事をし、アドバイスをしてもらい、
名刺までもらってしまうなんて!ラッキ~!!

しかも、アメリカ人!

夫婦で大感激して、大興奮!でした。

ただ、ひとつ困ったことがあるんですけど、それはまた次回に。
(最近、ネタが見つからないもので……エヘ)

   



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。