Kimmys Feeling

徒然なるままにkimmyの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイタス シェイクスピア史上最も残酷な物語

今、公開中の映画「べオウルフ/呪われし勇者」が面白そうで
見るつもりなんだけど、なんか似たような雰囲気の映画を見たなあと思ったら、
この「タイタス」でした。

シェイクスピアの戯曲「タイタス・アンドロ二カス」を
斬新な演出で描いた愛と復讐のドラマ。
ローマ最高の戦士タイタスは、ゴート族との戦いに勝利し、
女王タモラと3人の息子を人質に凱旋する。
しかし、ローマでは帝位継承をめぐり、争いが起こっていて…。

公開時のコピーが「シェイクスピア史上最も残酷な物語」で、
そうは言ってもシェイクスピアなので、そんなでもないんじゃ、と思って
見たんだけど、グロいシーンが結構多かったです。
古代ローマの話なのに、バイクとか出てきて、一瞬??となったけど、
まあ、別の世界の話だと思えば、たいして気にならなかったです。
衣装や舞台は美しく、その美しさがさらに残酷さをひきたてているようでした。

残酷な話を見たあとの、苦い感じは残ったけれど、面白かったと思いました。
登場人物のそれぞれの結末が、それぞれが選んだ生き方の結果として、
納得できるものだったからだと思います。
その辺はさすがにシェイクスピアということなのかな?

最近、海外ドラマを見ていると、セリフの中でよくシェイクスピアが引用されてます。
シェイクスピアは、物語にされているのは読んだことがあるけれど、
戯曲のままは未読なので、読んでみようかな。











スポンサーサイト

PageTop

「まぁ、ちゃんと。」

暮らしの便利サイト 「まぁ、ちゃんと。」

主婦ですから、家事はできるだけ ちゃんと したいと思っているのです。
風水なんかも取り入れて、良い運気を招き入れたいし。
風水の先生が「風水は、掃除にはじまり、掃除に終わる。」と言っていたので、
特にハウスクリーニングはがんばらないと、と思ってはいるのですが…。
「はぁ、面倒だなあ」と思うこともしばしば。
終いには、「あそこに汚れが…、明日でいいか…。」なんて。(ごめんね旦那^^;)

主婦ですが、できれば簡単に短時間できれいにしてしまいたい。
それに応えてくれる、暮らしに役立つ、くらしのレシピ満載の
便利サイトがありました。もちろん無料。
「まぁ、ちゃんと。」では、会員さんの投稿した「くらしのレシピ」がみられるほかにも、
「まぁ、ちゃんと。スクール」という、プロがマン・ツー・マンでアドバイスしてくれる
スクールを開催しています。
サイト内でポイントをゲットすることで応募できるので、これも無料なんです。
私もポイントを集めて、是非プロの指導を受けてみたいと思います。

ハウスクリーニングの他に、整理・整頓、風水のレシピもあるので、
いろいろ試してみるつもり。
良い運気がやってくるのを楽しみにして。

まぁ、ちゃんと。




PageTop

アンネの木の伐採  延期へ

「アンネの木の伐採 延期へ」 11月21日のニュースより

オランダのアムステルダムにある、アンネ・フランクの木が
伐採されそうになっていたのが、延期されたそう。
アンネと家族が隠れ住んでいた家の横にあったクリの木が、立ち枯れてしまい、
市が危険と判断して伐採することにしたらしい。
自然保護団体が抗議し、一年の延期が認められた。

このニュースで思い出した本があります。
アンネ・フランクの日記は読んだことがないのだけど…(^^ゞ。
私がアンネ・フランクのことを知ったのは、母の本棚に
『わたしのアンネ=フランク』 松谷みよ子著 という本があったからです。
小さい頃からその本の背表紙は見ていたけど、分厚くて、字ばっかりで、
難しそうだったので、しばらくは彼女の名前を、見ている、だけでした。
4年生位の時、あまりに暇で退屈だったため、とうとうその本に
手を伸ばしたのです。
そして初めて、ナチスがしたことを、アウシュビッツのことを、知ったのです。
衝撃でした。

ゆう子という少女が、アンネ・フランクに向けて日記を書きはじめます。
他愛のない気持ちではじめたのに、彼女はあの戦争中におきた様々なことに、
目を向けていくことになります。彼女の母蕗子と、兄の直樹も、また。
三人とも事実の残酷さに苦しみながら、自分の心を見つめ続け、
問いかけ続けます。

戦争は、多くの悲しみや苦しみを連れてくるものであり、
起こしてはいけないものなのだ、という認識の土台をもたらした本です。

実は、私はこの本を読む前に、ゆう子と直樹に出会っているのですが…。
そのことは、また後日書きたいと思います。







PageTop

成功の9ステップ成功の9ステップ
(2004/02/26)
ジェームス・スキナー

商品詳細を見る
知人に紹介されて購入しました。
表紙のオジさん(著者)がちょっとウサンくさいなぁと思ったけど・・・。
読んでみると内容はスゴイ。
成功へのステップをキチンと段階を踏んで教えてくれてます。
例えも解りやすいし。
ウチの旦那も絶賛?です。
何度も繰り返して読みたい本ですね。

PageTop

はじめまして

今日からブログを始めました。
夫と二人暮らしの、30代の主婦です。
日々の興味の向かうことを綴っていきたいと思います。
たくさんの人に見にきてもらえたら、嬉しいな。


我が家ではCSを視聴しています。
お気に入りの海外ドラマの一つが、「ザ・ホワイトハウス」。
バートレット大統領と側近たちの、ホワイトハウスでの仕事の様子が描かれています。
頭が良くて、難しい政策や問題を解決してく彼らも、病気になったり、
家族や恋人との関係に悩んだりします。

最近、芸能人の麻薬の事件が続けてありましたよね。
このドラマの大統領首席補佐官は、アルコール依存症です。
彼は、「私は、一杯飲みたいんじゃない。十杯飲みたいんだ。
何故かって?依存症だからさ!」と言うのです。
アルコールと麻薬とは違うでしょうが、いったん依存症という状態にまで
なってしまうと、治療のためには大変な努力が必要なんですね。

強かったり弱かったりする彼らの、成功したり失敗したりの毎日は、
意外と、私たちの毎日に共通するものがあるような…。

女性報道官の日本語吹き替えを、夏木マリさんがしていて、とってもキュート♡

他にも好きな海外ドラマがたくさんあるので、また紹介したいと思います。










PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。